SNKRSで購入できない人”必見”!アカウントを再取得するメリットを解説!!

はじめに…

『SNKRS(スニーカーズ)で購入できない!』
アカウントが複数あり削除したい!』
『俺のアカウント…  OZN』

今回は、上記内容で悩んでいる方を救済するための『アカウント再取得の方法』を紹介したいと思います。

また、購入できない要因は”外れアカウント”という考えもありますが、複数アカウント保持によるナイキ側からブラックリスト設定にされているということも考えられます。

なぜ複数アカウントが購入できないことに繋がるのか

それは、SNKRS(スニーカーズ)Nike.comを利用するにあたり複数アカウントの保持は利用規約に反するからです!!

1. 基本ルール

登録のルール
お客様がナイキに登録される場合、以下のルールが適用されます。

正確に: 正確かつ現時点での情報を登録してください。
ご自身で: お客様個人の登録をしてください。複数のナイキアカウントを登録することはできません。また、他の方のために登録することや、お客様のアカウントを譲渡することはできません。

Nike.com 利用規約から引用

そこで、過去含め現在も登録されているアカウント全てを無効化(削除)し、新しいアカウントを作成することで現状を打破することができるかもしれません。

それでは詳しい内容を確認していきましょう!

ジョーダンシリーズをお得に購入

SNKRS(スニーカーズ)に紐付いているアカウントを無効化(削除)する方法

1、Nike.com(WEB版)に無効化(削除)を希望するアカウントでログイン

2、マイアカウントページへアクセス

3. マイアカウントページ設定のアカウント項目最下部のアカウントを削除するをクリック

4.注意点を一聴し「はい、アカウントを削除します。」にチェックを入れアカウントボタンをクリック

5、アカウント無効化(削除)完了

上記方法を保持しているアカウント全てで行ってください。

注意事項

①、アカウントに紐付くメールアドレスが分からない
→心当たりがあるアドレスを片っ端から入力しましょう
それでも不明の場合はナイキカスタマーサービスに電話、チャットにて確認しましょう
※新規アカウント作成ページを用いれば登録の有無があるアドレスなのか簡単に判断できます

②、削除希望のアカウントのパスワードが分からない
→アドレスを分かっていれば問題ありません
ログイン画面の「パスワードをお忘れの方」から設定しましょう
※1 nike@official.nike.comからリセットメールが届きます
※2 プロモーションや迷惑メールフォルダに受信することがあります
※3 何らかの理由で変更できなかった場合、ナイキカスタマーサービスへお問合せしましょう

③、アカウントの結合は不可
 →複数のアカウントの結合は不可です
ナイキカスタマーサービスへ問い合わせても実施できない操作なので諦めてください
※結合が不可という観点から注文履歴、NRC、NTCのデータなど全てが削除されます(復旧不可、NRCは手動でデータ手入力は可能)

④、一度無効化(削除)したアカウントを戻すことはできない

⑤、LINEの連携はなぜか継続される
→アカウント無効化(削除)にLINEコネクトの連携は解除し、新アカウント作成後に再度新しいアドレスで連携してください

ダンクシリーズをお得に購入

新規アカウント作成

アカウントの無効化(削除)が完了したら、いよいよ新規アカウントを作成します。

13歳以下の方は登録不可です

ソーシャルログインは不安定要素が高いため使用をお勧めしない

1、Nike.comヘアクセス

2、メールアドレス、姓名、生年月日、お住まいの国、性別を入力

3、「アカウントを作成」をクリック

4、ログインアカウントページへアクセスしSNKRS(スニーカーズ)に参加するのための必須情報を追加入力

5、フリガナ、ユーザー名、身長、体重、位置情報(国、都道府県、市区町村、郵便番号)、配送先情報、クレジットカード情報(ギフトカード使用の場合は省く)を入力

SNKRS(スニーカーズ)でナイキギフトカードを使用する場合は、アカウントページではなくSNKRS(スニーカーズ)にログイン後、SNKRS(スニーカーズ)の設定画面にてチャージを行なってしてください。

エアマックスシリーズをお得に購入

 
✨上記リンクから掘り出し物を見つけよう✨
 

電話番号認証にいて

下記関連記事にて紹介しています!

お時間があるときにご確認いただき、正しい方法で電話番号認証を実施しましょう!!

エアフォース1シリーズをお得に購入
✨上記リンクをご活用ください✨

最後に…

アカウントを新規一転したことで、レアスニが買えたとの報告は意外と多く、購入できない人にとっては朗報ではないでしょうか?

名前、住所、クレジットカード情報から不正(複数アカウントの保持、転売、その他問題行為)を暴かれ、個人情報のデータを参照しBANされる前にブラックリストに登録される前にアカウントを新たに登録してみて下さい。

もちろん、購入や改善を確約する策ではないので、あわよくば精神で実施いただけると幸いです。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。