【2020年3月20日販売予定】ウィメンズ ナイキ ブレーザー MID 77 販売情報、機能、レビュー、転売情報(リセール情報)を基準としたシューズの価値を紹介!(CZ1055-100)

スポンサーリンク

【2020年3月20日販売予定】ウィメンズ ナイキ ブレーザー MID 77 (CZ1055-100)

商品名:ウィメンズ ナイキ ブレーザー MID 77

スタイル:CZ1055-100

販売日:2020年3月20日(金)

SNKRS販売方法:先着抽選

販売予定サイズ:22〜29cm

価格:12,100円(税込)

俺的プレ値:定価
GOAT販売価格

SNKRS販売ページ
SNS販売ページ

スポンサーリンク

俺的結果発表

1977年にナイキ初のバスケットボールシューズとして誕生したブレーザー

今はカジュアルなライフスタイルシューズとして活躍している一足ですが、当時はバスケットボールシューズだったのは驚きだ。

また、シューズの名前ブレーザーは、ナイキの本社があるポートランドのNBAチームTRAIL BLAZERS(トレイルブレーザーズ)が由来となっているのも粋な計らいでお洒落。

現在バスケットボールシューズとして使用するのは難しいですが、天然皮革と合成皮革が生み出す見た目と柔軟性、耐久性は使用する人によって風合いが異なり、長い間楽しむことのできる一足に仕上がっている。

個人的には、外側サイドと足先のスエード生地、スポンジがむき出しのデザインがブレーザーらしく素敵だと感じます。

購入予定はありませんが、ブレーザー好きであればシンプルなデザインはいくつ持っていても良いものでしょう。

男性は4月販売予定のメンズ版(CW7580-100/101)を待てないのであれば、購入してもOKでしょう。。。

スポンサーリンク

転売視点からのレビュー

海外での在庫の余り具合と国内流通足数から転売は難しいと思います。

販路は狭めですが、足数は8,000足も用意されているようなので、メンズは少ないと思いますが今後メンズ版の販売が控えている現状では厳しいと思います。

AIR MAX DAY(エア マックス デイ)付近の販売となるので、買い控えも予想されます。

魅力的なモデルにはなっていますが、利益を踏まえた転売目的での購入は控えた方が良いと感じます。

 

俺的結果発表

国内オークション、フリマサイトにてメンズ使用サイズに限られますが、約14,000〜17,000円で転売されている様子が見受けられます。

ヤフオク / ラクマ / メルカリ

手数料、送料を加味すると微利益かボラですね。。。

ただ、定価以上の価値を見出しているのはさすがブレーザー。

シンプルなデザインは汎用性があるので、自ずとある程度の価値を見出してくれます。

また、後々メンズサイズの展開が控えていますので、そちらの価値を予想する材料になるのも嬉しいポイントですね!

とりあえず、予想戦績は、122勝67敗となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。