【2020年5月29日(金)販売予定】ナイキ キルショット OGの販売情報、レビュー、転売情報(リセール情報)を紹介!【CU9180-100 / CU9180-101 / CU9180-102】

 

【2020年5月29日(金)販売予定】ナイキ キルショット OGの基本情報!【CU9180-100 / CU9180-101 / CU9180-102】

商品名:ナイキ キルショット OG

スタイル:CU9180-100 / CU9180-101 / CU9180-102

販売日:2020年5月29日(金)

SNKRS販売方法:先着抽選

販売予定サイズ:23〜30cm

価格:11,000円(税込)

俺的プレ値:定価
GOAT販売価格

SNKRS販売ページ(CU9180-100)
SNKRS販売ページ(CU9180-101)
SNKRS販売ページ(CU9180-102)
END販売ページ
SNS販売ページ
BAIT販売ページ

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrsで購入した商品を確実にキャンセルするために
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



俺的レビュー

ナイキ キルショットは、1970年代に活躍したナイキ発のテニスシューズです。
商品名のキルショットとは、際を突いた攻撃的なショットを指します。

少し歴史を遡ってみましょう。

1970〜80年にかけて、ナイキはテニスシューズを全面に押し出した商品展開をしていきます。
これは、海外だけでなく、日本国内も同様でした。

軽量でコート上でのグリップ力に重きを置いたシューズが数多く展開されていたことを懐かしむ方も多いでしょう。

ナイキ エアマックス エアを搭載した、他者と比べると一風変わったシューズが多く展開されていたことも記憶に新しいと思います。

今回販売されるモデルは、当時を思わせるキャンバス地のオープンメッシュアッパーに高負荷がかかる前足、ヒール部分スエード素材を配置、ミッドソールは薄手で軽量でシンプル、アウトソールのパターンは四角、菱形を配置した360度全てに対応した、往年のテニスシューズらしい仕上がりになっています。

ちなみに今回発売されるモデルは、ご存知の通りライフスタイルシューズとなっています。
現代の進歩したテニスでは使用することは難しいため、勘違いしないよう気を付けましょう。

個人的に購入予定はありませんが、シュータンのスポンジ剥き出しのデザインがローテク好きの私としては刺さります。

ただ、インパクトに欠けるのでスルー。

買うならグリーンかな。。。

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrsで購入した商品を確実にキャンセルするために
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



転売視点からのレビュー

衆知の事実だと思いますが、転売で利益を上げるのは厳しい一足だと思います。

グリーン>レッド>ネイビーの順で需要があると思いますが、雀の涙程度の差かなと。。。

当時を知るナイキファンにとっては素晴らしい販売だと思いますが、それだけのモデルではないでしょうか?

特に注目する必要はないと思うので、深追い厳禁でお願いします。



俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrsで購入した商品を確実にキャンセルするために
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー

俺的結果発表

国内オークション、フリマサイトにて転売成功例は現時点で確認できませんでした。

ヤフオク / ラクマ / メルカリ / モノカブ

安価な価格とクラシックでシンプルなデザインが好評の一足ではありますが、レアスニと呼べる評価をするにはまだ早い状況となっています。

奇抜なカラーやデザイン、他社とのコラボなどで一世を風靡する可能性は秘めているモデルなので、今後の動向に注目していきましょう。

予想戦績は159勝87敗となりました。



俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrsで購入した商品を確実にキャンセルするために
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。