【2020年7月16日(木)販売予定】ナイキ エア ヴェイパーマックス 2020 FKの販売情報、レビュー、転売情報(リセール情報)を紹介!【CJ6740-001 / CJ6741-001】

 

ナイキ エア ヴェイパーマックス 2020 FKの基本情報

基本情報

商品名:ナイキ エア ヴェイパーマックス 2020 FK

スタイル
メンズ:CJ6740-001
ウィメンズ:CJ6741-001

販売日:2020年7月16日(木)販売予定

Nike.com販売方法:メンバー限定先行販売(先着順)

販売予定サイズ
メンズ:24〜30cm
ウィメンズ:22.5〜26cm

価格:25,300円
GOAT販売価格StockX販売価格

俺的プレ値:30,000円

販売ページ一覧

Nike.com販売ページ(メンズ)
Nike.com販売ページ(ウィメンズ)
ATMOS販売ページ
2020年7月23日販売予定

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrs完全攻略
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



俺的レビュー

2017年に初登場した”ナイキ エア ヴェイパーマックス”。

当初ランニングカテゴリとして登場した(現在はライフスタイル用)”ナイキ エア ヴェイパーマックス”は、ヴェイパーマックス 2、ヴェイパーマックス 3、ヴェイパーマックス 2019と数々アップデートを重ね、オフホワイトやCPFMとコラボしたこともある「近年にナイキ新作の中で最もフューチャーされている」と言っても過言ではない人気モデルです。

 

そんな、ヴェイパーマックスから彩り鮮やかな新作”ナイキ エア ヴェイパーマックス 2020 FK”が満を持して登場します。

 

アッパーは、リサイクルポリエステル素材をふんだんに使用した色鮮やかなマルチカラーを採用。

また、簡易シューレース調整システムファストフィット(Fast Fit)テクノロジーを搭載することで、快適を究極レベルまで引き上げています。


ヒールのLOCKストラップを引っ張るとシューレースが締る


ヒールのRELEASEストラップを引っ張るとシューレースが緩む

ミッドソールには、ヴェイパーマックス特有のフルレングスエアを搭載し、他のシューズにはない雲の上になっているような履き心地を感じることができます。

ナイキシューズで例えるなら足裏が自由なナイキ フリー(NIKE FREE)に近い感覚です。

アウトソールには、足のニュートラルな移行(歩行時の動き)を考え、適材適所の位置に耐久性の高いラバーを配置しています。

 

定価が高い一足ではありますが、デザイン、機能面全てを兼ね備えた”ナイキ エア ヴェイパーマックス 2020 FK”は、注目を集めること必須。

個人的に購入予定はありませんが、メンズ、ウィメンズモデルともに反響が高いことが予想されます。

今後販売のカラーパターンやコラボにも注目した2020年大注目の一足ではないでしょうか?

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrs完全攻略
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



転売視点からのレビュー

足数の多さ
高い定価

が影響してプレ値になる可能性は低そうですが、個人的に大好きなモデル(特に見た目)なので当ブログでは高い評価となっています。

ファストフィット(Fast Fit)テクノロジー搭載
マルチカラーのヴェイパーは売れがち

この辺が”ナイキ エア ヴェイパーマックス 2020 FK”の強みかな。

これをどう読むかが、今回のプレ値予想で重要ではないでしょうか。

個人的には”ナイキ エア ヴェイパーマックス 2020 FK”には頑張ってほしいので、期待を込めた高値となっています。

今まで以上に個人的感情が入った予想価格なので、フワッと見ていただければ幸いです。

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrs完全攻略
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



俺的結果発表

現時点での転売結果

転売成功例は確認できず

ヤフオク / ラクマ / メルカリ / モノカブ
国内オークション、フリマサイト参照

期待とは裏腹に、現時点で転売成功例は確認できませんでした。

個人的に大好きなシューズというのもありますし、マルチカラーのデザインは非常に素敵です。

しかし、公式Nike.com(Nike APP)のコメント欄を見てみると、

「値段が高すぎる!」
「ゴミ(リサイクル素材)で作ってこの価格かよ!」
「ダサすぎる!」

などなど大荒れでした。

非常に悲しい気持ちなのですが、これが世間の意見です。
今後売れ行きをUPさせるには、この意見をどう反映させるかが重要になります。

定価を下げないのであればリサイクル素材の素晴らしさをうまく伝える必要がありますし、定価を下げるなら採算を得るにはどうすれば良いかを考える必要があります…難しいですね。

コラボという禁忌を使用しても良いのですが、通常モデルの価値が落ちる可能性が高いので危険だと個人的には思います。

何はともあれ、ヴェイパーマックスシリーズには頑張ってほしいので、今後も注目していきたいと思います。

ここまで長々と書きましたが、購入していない私が言うのもなんか違う気がしますね😅笑

プレ値予想戦績は193勝103敗となりました。

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrs完全攻略
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。