【 2020年7月28日(火)販売予定】ジョーダン AJNT23の販売情報、レビュー、転売情報(リセール情報)を紹介!【CI5441-008】

 

ジョーダン AJNT23の基本情報

基本情報

商品名:ジョーダン AJNT23

スタイル:CI5441-008

販売日:2020年7月28日(火)販売予定

SNKRS販売方法:先着抽選

販売予定サイズ:25〜29cm

価格:  29,700円(税込)
GOAT販売価格StockX販売価格

俺的プレ値:35,000円

販売ページ一覧

SNKRS販売ページ

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/【歴史】歴代ジョーダンシグネチャーシューズを
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



俺的レビュー

ナイキの伝説的デザイナー「ティンカーハット・フィールド」の最新作”ジョーダン AJNT23”が2020年7月28日(火)に販売となります。

デザイン、付属のハードケースを見る限り、2002年に販売されたジャズをイメージしたオシャレなパフォーマンスシューズ「ジョーダン 17(JORDAN 17)」をイメージして作られていることが予想されます。

 

2002年に販売された「ジョーダン 17(JORDAN 17)」を振り返ってみましょう。

ファストカラーは、当時ワシントン・ウィザーズに在籍していたジョーダンをイメージして、ホワイトにブルーをあしらったデザインが特徴的です。

また、機能面で特徴的なのは、足幅調節が可能で素早く締めることができるシューレースシステムと、複数のポケットから空気を流すことができるTuned Airユニット、そして中足部のベルトです。

足をしっかりと固定し、高いパフォーマンスを発揮できるよう工夫されています。

ちなみに、中足部のベルトを省いき、ヒールのデザインを変更した「ジョーダン 17 +(JORDAN 17 PLUS)」というファッション向けの一足も販売となっています。

 

なお、当時販売のいくつかのモデルには、今回販売の”ジョーダン AJNT23”同様ハードケースと製品情報が紹介されているCD-ROMが付属されていました。

 

話が脱線しすぎたので、”ジョーダン AJNT23”の話に戻ります。

見た目は、シックなブラックとゴールドのワンポイント、面テープのベルトが特徴的です。

また、機能面は、シューレースのない斬新なワンプルシステム前足とヒールに内蔵されたズーム エア柔らかいクリアなアウトソールが高い機能力を発揮してくれます。

総合的に見ると、デザイン性利便性機能性全てを高水準で兼ね備えています

付属品のハードケース2,500足限定の販売となっている点も大注目です。

 

個人的にハードケースだけは欲しいのですが、シューズは…なので購入予定はありません。

汎用性のあるデザインと付属品を加味して”  29,700円(税込)”という価格をどう見るのかがこのシューズの価値を読む重要なポイントではないでしょうか。

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/【歴史】歴代ジョーダンシグネチャーシューズを
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



転売視点からのレビュー

正直プレ値が予想価格通りになるのか微妙な感じです。

新作?なデザイン
高すぎる定価
ネットの情報が薄め

上記理由から微妙な感じと表現してしまいました。

限定2,500足というのは魅力的ですが、ハードケースが付属したとしても大幅なプレ値となるかは経験上微妙なんですよね。

ハードケース以外大きな魅力がない…というか面白みがないんですよね。

あとは、類似モデル「ジョーダン 17(JORDAN 17)ファストカラーの現在の転売価格が微妙なところも怖いと感じるポイントです。

驚くべき価格で転売できてしまう可能性も十分に秘めた一足であることは誰しもが感じる部分ではあると思うので、返品可能なSNKRSに限り抽選にエントリーするのが賢いと思います。

予想が曖昧…というか自信がないので、結果を見るのが非常に楽しみな一足ではありますね。

そこだけですね!ポジティブな気持ちになれるのは…。笑

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/【歴史】歴代ジョーダンシグネチャーシューズを
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



俺的結果発表

現時点での転売結果

65,000〜80,000円

ヤフオク / ラクマ / メルカリ / モノカブ
国内オークション、フリマサイト参照

予想を良い意味で裏切った「プレ値」で転売されている様子が確認できています。

ティンカー・ハットフィールドの力付属のハードケースの力が良い感じで影響した結果なのでしょうか。

あとは販路の狭さも少なからず影響しているのだと思います。

販路の狭さは偽物を減らす(店舗に流れていないシューズなので業者がコピーできない)…ざっと確認した限り、偽物の出品は確認できませんでしたので、これまた良好な兆しと言えますね。

予想価格よりも大幅に高いプレ値が付くと、予想が外れても清々しいというか…なぜか嬉しい気持ちになってしまいます。

高値予想が安価になるとげっそりするのですが、この結果は素晴らしいです!!

販路が狭いと本当に欲しい人に行き届かないのかもしれませんが、定期的にこのような販売はすべきだなと改めて感じた販売となっています。

プレ値予想戦績は198勝108敗…目指せ200勝。

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/【歴史】歴代ジョーダンシグネチャーシューズを
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。