【12月26日(土)販売予定】ナイキ アダプト オート マックス Jetstream【CZ6799-001】

ナイキ アダプト オート マックス Jetstreamの基本情報

ナイキ アダプト オート マックス Jetstreamの基本情報

✔️商品名:ナイキ アダプト オート マックス Jetstream

✔️スタイル:CZ6799-001

✔️販売日:2020年12月26日(土)販売予定

✔️SNKRS販売方法:先着抽選販売

✔️販売予定サイズ:24〜30cm

✔️定価:38,500円(税込)

販売情報

SNKRS
→12/26 9:00より先着抽選販売

ナイキ アダプト オート マックス Jetstreamのレビュー

ナイキ(Nike)が誇る最先端テクノロジーアダプト(ADAPT)ナイキ エア(NIKE AIR)マックス エア(MAX AIR)ズーム エア(ZOOM AIR)などクラシックなテクノロジー多いイメージが強いですが、このアダプト(ADAPT)は、その常識を良い意味で覆してくれます。簡単に説明すると、アダプト(ADAPT)とは、自動シューレース開閉システムを指し、今までのようにしゃがみ、かかとを手で抑え、靴紐を調整しなくてもシューズを脱ぎ履きすることが可能な利便性に特化したシステムとなっています。これは、足の不自由な方もシューズを楽しく使用できるようにとの想いから開発された側面もあり、多方面から今後の展望も込みで期待されている面白い試みです。また、iPhone、アンドロイドなどのスマートフォン、さらには、Apple Watchとも連動することが可能となっており、最先端のテクノロジーを実際にその手で体験できる凄さも兼ね備えています。アダプト(ADAPT)搭載のシューズは、これまでアダプト BBと呼ばれるバスケットボールシューズやアダプト ハラチと呼ばれるライフスタイルシューズとカテゴリ問わずリリースされてきました。今回リリースとなる”ナイキ アダプト オート マックス Jetstream”は、アダプト ハラチ同様のライフスタイルカテゴリのシューズとなっています。アダプト ハラチとの違いは、厚手のミッドソールとそのミッドソールの中に内蔵されている大型のマックス エア(MAX AIR)です。多くのユーザーが使用したことのあるエア マックス(AIR MAX)に内蔵されているマックス エア(MAX AIR)が、歩行時の衝撃を吸収し、常に柔らかい快適な履き心地を提供してくれます。価格はアダプト(ADAPT)搭載の影響で高めに設定されていますが、最先端のテクノロジーに触れ合える素晴らしさを考えるとプラスになるのではないでしょうか。販売日は、2020年12月26日(土)。まだアダプト(ADAPT)搭載シューズを持っていない方は、前向きな購入検討を!

1987年の誕生以来、とめどない進化を繰り返してきたAir Max。その歴史には、忘れ得ぬ飛躍を遂げた数々のシューズが名を連ねる。2020年、アダプト オート マックスが、FitAdaptテクノロジーに後押しされて、伝統にさらなるストーリーを加える。シューズには、完璧なフィット感とスタイルを維持できる自動シューレース調節機能に加え、カスタマイズ可能な照明機能も搭載。アイコニックな13色から選択でき、最長1時間まで点滅させるオプションも用意されている。SiriショートカットやGoogleアシスタントを使えば、声をかけるだけでシューズとライトの調節が可能。レベルアップした機能を体験してみよう。 シューズの画期的なアプローチは、パフォーマンスの強化につながる。今回初めて導入された2つのモードでは、アクティビティ用のフィット感とリラックス用のフィット感の切り替えが可能。軽量で通気性に優れたメッシュのアッパーが一人ひとりの足にぴったりフィット。またTPUプレートが足を包み込み、安定感を向上させる。足裏には最新のMax Airユニットを配置し、増量したAirで抜群に柔らかい履き心地が楽しめる。かつてないデザインに足を踏み入れ、Air Maxの独創的な伝説のストーリーに新たな1ページを加えよう。

Nike SNKRSより引用

情報のアップデートが確認出来次第、本ページを随時更新します

➡️最新情報はTwitterでも随時発信しています⬅️

ナイキ アダプト オート マックス Jetstreamの予想転売価格(プレ値予想)

予想転売価格(プレ値)

定価:38,500円(税込)
俺的プレ値(転売予想価格):〜定価
ひとくちメモ:通常のADAPTがプレ値になるのは難しいでしょう。カラーも特に秀でていないので定価以下が妥当だと思います。コラボやNEWモデルがリリースされない限り復活は厳しいと思います。購入したことがある身としては付属品込みでこの定価は破格の安さだと思うのですが、一般的には高すぎるので、この辺もネックになっているのかなと。
GOAT販売価格StockX販売価格

販売足数、販路、過去の傾向を踏まえた転売(プレ値)予想価格となっています。
自身の予想と照らし合わせて、購入の判断材料にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。