【12月21日(月)販売予定】ナイキ × MMW ズーム 400 Stone【CU0676-200】

ナイキ × MMW ズーム 400 Stoneの基本情報

ナイキ × MMW ズーム 400 Stoneの基本情報

✔️商品名:ナイキ × MMW ズーム 400 Stone

✔️スタイル:CU0676-200

✔️販売日:2020年12月21日(月)販売予定

✔️SNKRS販売方法:先着抽選販売

✔️販売予定サイズ:24〜32cm

✔️定価:49,500円(税込)

販売情報

SNKRS
→12/21 9:00より先着抽選販売

SVD
→12/20 11:00まで参加可能なAPPによる抽選販売

UNION
→12/21 9:00よりオンラインにて通常販売

ナイキ × MMW ズーム 400 Stoneのレビュー

シカゴ生まれ、カリフォルニア育ちのデザイナー”マシュー・M・ウィリアムズ”通称MMWナイキ(Nike)は、これまでフリー TRジョイライドなど数多くのコラボレーションシューズを展開してきました。この両者のコラボレーションには特徴があり、基本的に新しい最新のシューズをコラボモデルに選択し、新たな可能性を早い段階で模索し、我々ユーザーに提示してきているということです。今回リリースされる”ナイキ × MMW ズーム 400 Stone”も同様で、2000年代初頭の高性能ランニングシューズと最新のナイキランニングシューズ「アルファフライ」を組み合わせた現代風のハイブリットシューズに仕上げています。また、とっさのインスピレーションをもとに生まれたかのように見えますが、しっかりとデータに基づいて構築されていることも特徴となっていて、軽量な強力ポリエステルニット素材のアッパーは通気性と耐久性を提供。前足のズーム エアは、機械的なクッションプレートと連動し、快適な歩行感を実現。アウトソールは、路面環境に関わらず活躍できるよう大きな凹凸を設けています。さらに、金属が変形する特性をヒントに形作られた外側は、美しい曲線のラインと光るテクスチャーを使用し、色の変化を楽しめる使用となっています。シューズ全体が表裏一体となり、見た目、機能面を最高レベルで共存させた一足”ナイキ × MMW ズーム 400 Stone”をこの機会にぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか。

ジバンシィと自身のブランド、Alyxでの製作を通し、ファッションを新しい分野へと進出させる力を高く評価されてきたクリエイティブ・ディレクターのマシュー・M・ウィリアムズ。彼のモットーは、ニューヨークとカリフォルニアでの体験で得た着想に画期的な最新テクノロジーを組み合わせるというシンプルなものだ。Nike 2020 Future Sport Forumで初公開されたナイキ ズーム 004 x MMWは、2000年代初頭の高性能ランニングシューズのデザインを現代的にアレンジすることで、Nikeの画期的なイノベーションの長い歴史を物語っている。 データに基づいてデザインされたシルエットでは、斬新なテクノロジーと都会的なスタイルが調和。軽量な強力ポリエステルニットのアッパーが通気性に優れたダイナミックな構造を生み出し、毎日の着用に耐久性を発揮する。靴底にはZoomバッグと機械的なクッションプレートを搭載し、ヒールのクッション性と足を前に押し出す力を促進。金属の変形する特性にヒントを得て、外側には流れるようなラインと光るテクスチャーを使用し、さりげないシェードカラーでシューズの立体的なスタイルを強調している。

Nike SNKRSより引用

情報のアップデートが確認出来次第、本ページを随時更新します

➡️最新情報はTwitterでも随時発信しています⬅️

ナイキ × MMW ズーム 400 Stoneの予想転売価格(プレ値予想)

予想転売価格(プレ値)

定価:49,500円(税込)
俺的プレ値(転売予想価格):〜60,000円
ひとくちメモ:定価が定価なので返品を踏まえた購入が安心安全です。このご時世シューズに対し高いお金を払える人は限られています。自身の経済状況を考えた上で、余裕がある方のみ参戦することをオススメします。おそらく寝かせることを踏まえれば確実にプレ値で転売できるシューズではありますが、ここまで定価が高いと余裕がない人は売り時を選べません。博打はやめて安心安全…アンパイな選択をしましょう。
GOAT販売価格StockX販売価格

販売足数、販路、過去の傾向を踏まえた転売(プレ値)予想価格となっています。
自身の予想と照らし合わせて、購入の判断材料にしてください。

ナイキ × MMW ズーム 400 Stoneの転売価格(プレ値)〜予想結果発表

現時点での転売価格

結果:予想的中
転売価格:58,000〜62,000円
今後の価値
この手の奇抜系シューズは寝かせてもそこまで大きなプレ値の上昇は期待できません。熱しやすく冷めやすいとでも言いましょうか、「真新しい!」と感じている内に転売するのが吉だと私は思います。なお、定価が極めて高いシューズなので、手数料に注意が必要です。値下げしすぎるとボランティア価格になりかねないので、売れないと判断したら早めに手を引き返品も視野に入れましょう。

SNKRS在庫状況
ヤフオク / ラクマ / メルカリ / モノカブ
国内オークション、フリマサイト参照

現時点でも転売相場(プレ値)は、上記価格となっています。
日々転売相場(プレ値)は変動しますが、上記URLを転売時の価格設定にお役立てください。

また、自身が持っているスニーカーの価値の目安にしてください。

当ブログの転売価格(プレ値)予想の戦績は、301勝176敗となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。