【2020年6月18日(木)販売予定】ナイキ アダプト オート マックスの販売情報、レビュー、転売情報(リセール情報)を紹介!【CI5018-001】

 

ナイキ アダプト オート マックスの基本情報

商品名:ナイキ アダプト オート マックス

スタイル:CI5018-001

販売日:2020年6月18日(木)

SNKRS販売方法:先着抽選

販売予定サイズ:24〜30cm

価格:38,500円(税込)

俺的プレ値:定価
GOAT販売価格StockX販売価格

SNKRS販売ページ

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrs完全攻略
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/【歴史】ナイキを代表するシューズ!air-maxエア-マッ
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



俺的レビュー

自動シューレース開閉システムを搭載した”アダプトシリーズ”。

そんな”アダプトシリーズ”の中で後半に販売されたのが今回販売の”ナイキ アダプト オート マックス”です。

アダプト BB→アダプト ハラチ→アダプト オート マックスの順で販売され、今回販売されるモデルはアダプト オート マックスの中で3番目に販売されるカラーとなります。

↑過去モデルの価値はこちらから↑

アダプト搭載シューズが初めて販売されたのが2018年。
ハイパーアダプト 1.0という名で販売され、定価は税込82,500円という破格の設定で当時、様々な意味で世間を賑わせました。

当時はアプリとの連動はなく、シュータン付近に配置されたボタンを使用し、シューレースを調整。

それだけでも画期的だった一足ですが、今回販売のアダプト オート マックスを始め、現在展開されている”アダプトシリーズ”は、アプリを活用し、スマホ、アップルウォッチと連携することが可能となっています。

Siriとの連動も画期的で、ショートカットAPPを活用することで、自身の声でシューズのサイズを調整することも可能です。

当初、足の不自由な方へ向けて開発された側面もあるので、徐々にではありますがナイキが求めている一足に近づきつつあるということも、要注目したいポイントとなっています。

個人的な話にはなりますが、すでにアダプト ハラチを所持しているので、購入予定はありません。

私と同じ考えの方は意外と多く、アダプト搭載シューズは販売すればするほど、余程価値のあるカラー(エア マグと同じカラーなど)でない限りレアスニとなるのが厳しいのが現状です。

その点はどう考えるか…が今後アダプト系のシューズの価値を読む判断材料となるので、過去を振り返りながら予想してみてください。

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrs完全攻略
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/【歴史】ナイキを代表するシューズ!air-maxエア-マッ
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



転売視点からのレビュー

アダプト オート マックスで3番目の販売…3カラー目の販売となるということが価値を予想する上で大変重要なポイントです。

複数カラーがすでに販売されているということは、特別なカラーデザインの販売とならない限り利益を生むのは難しいということ…すなわち今回のアンスラサイトカラーでは厳しいと言えると思います。

アダプト オート マックスは、ファストカラーでも苦戦を強いられているので、そもそもモデルにパワーがないとも言えますが…。

ただ、ナイキを代表するマックス エアと最先端のシューレース開閉システムを搭載したアダプトがこのままでは終わらないと思うので、今後の展開に注目していきましょう。

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrs完全攻略
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/【歴史】ナイキを代表するシューズ!air-maxエア-マッ
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



俺的結果発表

国内オークション、フリマサイトにて転売成功例は確認できませんでした。

ヤフオク / ラクマ / メルカリ / モノカブ

SNKRSの在庫状況を見ても苦戦を強いられている様子が伺えます。

カラーが渋すぎるというのもありますが、アダプトシリーズは各モデルのファストモデル(一発目に販売されたモデル)出ないと厳しい傾向にあります。

例外としてプレミアムなカラー(エアマグカラーなど)は高値になりますが、基本は上記流れとなっています。

今回販売のモデルは特に特別感があるわけでもないので、このような結果となった感じです。

誰しもが予想できた結果ではありますが、予想戦績は176勝90敗となりました。

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrs完全攻略
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/【歴史】ナイキを代表するシューズ!air-maxエア-マッ
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。