【3月6日(土)販売予定】クロット × ナイキ エア マックス 1 キス オブ デス

クロット × ナイキ エア マックス 1 キス オブ デスの基本情報

クロット × ナイキ エア マックス 1 キス オブ デスの基本情報

商品名:クロット × ナイキ エア マックス 1 キス オブ デス

スタイル:DD1870-100

カラー:ネット(Net) / ディープ レッド(Deep Red) / オレンジ ブレイズ(Orange Blaze)

販売日:2021年3月6日(土)販売予定

SNKRS販売方法:現時点で販売情報なし

販売予定サイズ:TBD

定価:18,150円(税込)

販売情報

SNKRS
→現時点で販売情報なし

JUICESTORE.com
→2/23 13:00〜2/24日13:00まで参加可能なAPPによる抽選販売

ATMOS
→3/6販売(事前参加制のAPPによる抽選販売)

クロット × ナイキ エア マックス 1 キス オブ デスのレビュー

エア マックス 1とは

1977年航空宇宙エンジニア発明家のフランク・ルディがナイキ エアを発案
 →約10年後の1987年にエア マックス 1がリリース
  →ティンカー・ハットフィールドがデザイン
 

特徴

①、アッパー全体を覆う補強パーツが安定感を提供

②、ミッドソールのサイドに刻まれた2つの小さな溝が屈曲性を提供

③、ミッドソールの一体成型の形状が足全体を包み込み安定性を提供

④、アウトソールの3つの異なるパターンが着地から取り出しをスムーズに行える

⑤、前足のナイキ エア、ヒールのマックス エアが最高レベル(当時)のクッション性を提供

ちょっと一息

現在のカテゴリはライフスタイルですが、販売当時の1987年はランニングシューズとして活躍しています。しかも、当時のナイキランニングシューズの中で最高レベルのシューズという位置付けでした。現在に当てはめると厚底最強シューズ”アルファフライ”です…。考えられないですね…。技術の進歩すげー!!!

キス オブ デスならではの特徴:

①、コラボモデルなのに復刻モデル(2006年以来15年ぶり)

②、中国の鍼療法から着想を得た独特のデザイン

③、足とインソールが丸見えの透明アッパー

④、ヒールのリフレクティブ素材(反射素材)

⑤、復刻だけど若干アレンジが加えられている(ここで見比べられます)

まとめると…

コラボ復刻は卑怯

情報のアップデートが確認出来次第、本ページを随時更新します

➡️最新情報はTwitterでも随時発信しています⬅️

クロット × ナイキ エア マックス 1 キス オブ デスの予想転売価格(プレ値予想)

予想転売価格(プレ値)

定価:18,150円(税込)
俺的プレ値(転売予想価格)
〜30,000円
ひとくちメモ:コラボモデルの復刻…威力は凄そうですが、そこまで今の日本人に受けるとは思えません。もちろん、定価オーバーのプレ値で転売できるとは思いますが、やや控えめな予想としています。最近のCLOT × Nikeも若干微妙なので、その辺も加味している感じです。
GOAT販売価格
/ StockX販売価格

類似モデルの現在の価値

販売足数、販路、過去の傾向を踏まえた転売(プレ値)予想価格となっています。
自身の予想と照らし合わせて、購入の判断材料にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。