【2020年7月10日(金)販売予定】ナイキ ISPA ロード ウォリアーの販売情報、レビュー、転売情報(リセール情報)を紹介!【CI0983-100】

基本情報

商品名:ナイキ ISPA ロード ウォリアー

スタイル:CI0983-100

販売日:2020年7月10日(金)販売予定

SNKRS販売方法:先着抽選

販売予定サイズ:23.5〜30cm

価格:55,000(税込)
GOAT販売価格StockX販売価格

俺的プレ値:75,000円

販売ページ一覧

SNKRS販売ページ

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrs完全攻略
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



俺的レビュー

奇抜なデザインとカラーリングが特徴の”ISPAシリーズ”にまたしても新作が登場します。

まずは、最初におさらいです。

 ISPAとは、

Improvise(即興)
Scavenge(探求)
Protect(保護)
Adapt(順応)

を理念とするプロジェクト、コレクションを指します。

今回登場する一足は、「ロード ウォリアー」と名付けられ、”絶え間なく動いている人々を考え”バスケットボール、トレーニング、ランニング、アウトドアなど様々なカテゴリからインスピレーションを得て作成されました。

戦士を表すウォリアーの名の通り、耐久性を意識した作りはもちろんですが、見た目からは想像できない快適性も兼ね備えている一足に仕上がっています。

目立っているポイントとしては、

アルファフライとエア ズーム BB NXTに用いられているダブルズーム エアを搭載している

ナイキ初期のバネをモチーフにしたプロトタイプのランニングシューズを想像させるミッドソールに仕上がっている

つま先部分が日本の伝統的な履き物”足袋”から着想を得ている

上記3点ではないでしょうか。

最先端の技術旧式技術の融合は、今までにない見た目履き心地などなど様々な面で新しさ改めて発見する気付きがあるはずです。

個人的に大好きな古くも新しい見た目は、THE ナイキといったダサかっこ良さを感じるので非常に魅力的ではあるのですが、定価がびっくりするほど高いのでスルー予定。

NIKE LAB(ナイキラボ)カテゴリでもあるので、セレブへ向けたアプローチをしているとは思うのですが、結果やいかに。。。

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrs完全攻略
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



転売視点からのレビュー

定価は高いがデザインが魅力的…難しいですね。。。

海外を含めたリセールマーケットの評価情報も少なく、馬鹿みたいに高値で設定している箇所もあるため、参考になる情報は現時点で非常に少ない状況となっています。

そのため、過去の傾向個人的な経験が物を言うでしょう。

販路は狭め足数は極めて少なめであることを踏まえると、そこそこの利益は出そうな印象を私は受けています。

本来であれば、東京オリンピックを踏まえてMA5DSMGを軸に海外のセレブ層へアプローチするはずだったと思うので、その読みは外れた形となり、プレミア感は薄れてしまっているのかもしれませが、このデザインは強そうです。

ここまでぶっ飛んだ価格設定も逆に目を惹き面白いと思います。

このシューズ問わずですが、鳴かず飛ばずということも0ではないので、言わずもがなSNKRSを活用した返品を踏まえた購入を推奨します。

SNSもすでに賑わっていることも楽しいですし、こういった予想屋冥利につきる販売は良いものです。

販売日まで情収集を徹底し、購入しない方も結果を見守っていきましょう!

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrs完全攻略
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



俺的結果発表

現時点での転売結果

70,000〜78,000円

ヤフオク / ラクマ / メルカリ / モノカブ
国内オークション、フリマサイト参照

予想的中ですね!

足数が少なかったことが最大の要因だとは思いますが、ぶっ飛んだデザインと価格設定も一躍買ったのではないでしょうか。

ぶっ飛んだデザインの新作シューズがここまでのプレ値となるのは複雑な気持ちではありますが、どこか嬉しいのは不思議な気持ちです。

東京オリンピックが開催されていたらもう少し評価されていたのかな?」などなど妄想するのも乙だと思います。

来年オリンピックが無事開催されるかは分かりませんが、その時期まで寝かせると面白いかもしれません。

このシューズオリンピックに向けて販売されるはずだったシューズらしいよ!」と付加価値が付けばビックリするような価格が…。

何はともあれ今回の販売は、ナイキが状況に左右されない販売上手でまだまだ廃れないと改めて分かったことが大きな収穫だと個人的には思っています。

プレ値予想戦績は188勝101敗となりました。

俺のレアスニ
1970.01.01
俺のレアスニ
https://orenoraresne.com/snkrs完全攻略
ナイキシューズをレアスニを中心にレビュー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。