【9月24日(木)販売予定】ナイキ × ローハン・ワン ナイキ ブレーザー MID ’77 フライレザー Ruohan Wang【CZ3775-900】

ナイキ × ローハン・ワン ナイキ ブレーザー MID ’77 フライレザー Ruohan Wangの基本情報

ナイキ × ローハン・ワン ナイキ ブレーザー MID ’77 フライレザー Ruohan Wangの基本情報

✔️商品名:ナイキ × ローハン・ワン ナイキ ブレーザー MID ’77 フライレザー Ruohan Wang

✔️スタイル:CZ3775-900

✔️販売日:2020年9月24日(木)販売予定

✔️SNKRS販売方法:先着抽選販売

✔️販売予定サイズ:24〜30cm

✔️定価:13,200円(税込)

ナイキ × ローハン・ワン ナイキ ブレーザー MID ’77 フライレザー Ruohan Wangのレビュー

数々のブランドがコラボモデルに選択するブレーザー(BLAZER)。今回は、ベルリンを拠点に活躍するアーティスト、ローハン・ワン(王若晗)氏が、1972年から販売されてきたブレーザー(BLAZER)をアレンジする。ローハン・ワン(王若晗)氏の独特なタッチで描かれている自然をテーマにしたデザインは、ナイキ(Nike)が用意したフライレザー(Flyleather)フライレザー(Flyleather)は、天然皮革の良さでもある外観、感触、匂いを忠実に再現したスーパー合成皮革と呼ばれています。加工も容易に行え、今回のようなプリント加工を得意としている点も注目です。また、最大の特徴はリサイクル素材(天然皮革の繊維)を50%以上使用していること。二酸化炭素の排出量も抑えているとのことで、様々な視点から環境を考えた素材と言えます。今後ナイキ(Nike)製品に数多く用いられるフライレザー(Flyleather)を、今回販売される”ナイキ × ローハン・ワン ナイキ ブレーザー MID ’77 フライレザー Ruohan Wang”をきっかけにスタンダードになっていくかもしれません。販売日は2020年9月24日(木)。要チェック必須のコラボではないでしょうか。

ベルリンを拠点に活躍するアーティスト、ローハン・ワン(王若晗)による鮮やかなデザイン。時代を超えたブレーザー MID ’77のシルエットに融合させ、不朽のクラシックシューズがクリエイティブに変身した。アッパーはもちろんのこと、一新されたシュータンのタグ、ヒールタブ、インソールもマルチカラーの非対称なイラストレーションで彩られている。 自然をイメージしたデザインが称えているのは、サステナブル素材のフライレザー。天然皮革の繊維を50%以上リサイクルした最先端のマテリアルだ。一足ごとにカラフルなグラフィックが描かれた特別仕様のボックスで届き、遊び心に満ちた交換用シューレースも付属している。

Nike SNKRSより引用

情報のアップデートが確認出来次第、本ページを随時更新します。

➡️最新情報はTwitterでも随時発信しています⬅️

ナイキ × ローハン・ワン ナイキ ブレーザー MID ’77 フライレザー Ruohan Wangの予想転売価格(プレ値予想)

予想転売価格(プレ値)

定価:13,200円(税込)
GOAT販売価格StockX販売価格
俺的プレ値(転売予想価格):25,000円

販売足数、販路、過去の傾向を踏まえた転売(プレ値)予想価格となっています。
自身の予想と照らし合わせて、購入の判断材料にしてください。

ナイキ × ローハン・ワン ナイキ ブレーザー MID ’77 フライレザー Ruohan Wangの転売価格(プレ値)〜予想結果発表

現時点での転売価格

15,000〜18,000円

SNKRS在庫状況
ヤフオク / ラクマ / メルカリ / モノカブ
国内オークション、フリマサイト参照

現時点でも転売相場(プレ値)は、上記価格となっています。
日々転売相場(プレ値)は変動しますが、上記URLを転売時の価格設定にお役立てください。

また、自身が持っているスニーカーの価値の目安にしてください。

当ブログの転売価格(プレ値)予想の戦績は240勝131敗となっています。

2件のコメント

I conceive this internet site has got some real great info for everyone. “Dealing with network executives is like being nibbled to death by ducks.” by Eric Sevareid.

Some truly good information, Gladiola I detected this. “Speak when you are angry–and you will make the best speech you’ll ever regret.” by Laurence J. Peter.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。