【3月12日(金)販売予定】ナイキ エア プレスト レインボー 2021

ナイキ エア プレスト レインボー 2021の基本情報

ナイキ エア プレスト レインボー 2021の基本情報

商品名:ナイキ エア プレスト レインボー 2021

スタイル:CJ1229-700

カラー:ユニバーシティー ゴールド(University Gold) / ハイパー クリムゾン(Hyper Crimson) – サイレン レッド(Siren Red)

販売日:2021年3月12日(金)販売予定

SNKRS販売方法先着抽選販売

販売予定サイズ:XS〜XL

定価:15,400円(税込)

販売情報

SNKRS
→3/12 9:00 先着抽選販売

ATMOS
→3/12 9:00 販売

UNDEFEATED
→3/5 15:00〜3/11 12:00まで参加可能なWEB抽選販売

BAIT
→3/12 9:00 オンライン販売(店舗販売あり)

END
→3/12まで参加可能なWEB抽選販売

SNS
→3/11まで参加可能なAPPによる抽選販売

SVD
→3/10まで参加可能なAPPによる抽選販売

ナイキ エア プレスト レインボー 2021のレビュー

エア プレストとは

ティンカー・ハットフィールドの弟でもあるナイキのデザイナー”ドビー・ハットフィールド”が1996年韓国滞在中に発案

当時のランナーからの「フィット感が重要」と意見され、エア プレスト特有の足首部分の形状”Vノッチ”が誕生

アッパーの素材が決まらずリリースできない状況が続くが、4年後の2000年に医学業界で使用されている素材「スペーサーメッシュ」と出会い完成にこぎつける

通気性と伸縮性が高いスペーサーメッシュを使用することで、理想の”Vノッチ”が完成し、エア プレストがリリースされた

特徴

①、シュータン一体型のブーティー構造が抜群のフィット感

②、足首部分にピタッとフィットするVノッチが足のストレスを軽減

③、スペーサーメッシュが足全体を包み込み、快適な履き心地を提供

④、ミッドソールに内蔵されたナイキ エアが柔らかい履き心地を実現

⑤、フレックスグルーブと呼ばれる溝が刻まれているアウトソールが柔軟

サイズの不思議

『Tシャツのように履くスニーカー』がキャッチコピーだったエア プレストは、ナイキ フリー 2とも表現され、シューズの新たな可能性を見出すために、Tシャツなどのウエア類と同じサイズ設定となりました。

ちょっと一息

1998年に最先端で革新的なデザインと最高のプロダクトを作るとスタートした「アルファプロジェクト(Alpha Project)」。このプロジェクトの主軸だったのが本作エア プレストです。このプロジェクトで、クキニ(Kukini)、 サイズミック(Seismic)、フライトポジット(Flight posite)、ナイキ ショックス(Nike Shox)が生まれました。

本作ならではの特徴:

①、2001年に日本限定でリリースされたレインボーの復刻版

②、サイズ展開がOG仕様

まとめると…

日本限定リリースの復刻は熱い?
ただ今の時代にマッチするかは微妙

ミレニアム時代の幕開けに、高性能ランニングシューズとしてデザインされたプレスト。現代のシューズの限界を更新し続けてきたシューズが、生誕20周年を迎える。オリジナルバージョンのデザインが目指したのは、足に馴染むTシャツのような見た目と履き心地。今回のバージョンでもそのスタイルは健在だ。ユニバーシティゴールド、ハイパークリムゾン、サイレンレッドのカラーで登場。

Nike SNKRSより引用

情報のアップデートが確認出来次第、本ページを随時更新します

➡️最新情報はTwitterでも随時発信しています⬅️

ナイキ エア プレスト レインボー 2021予想転売価格(プレ値予想)

予想転売価格(プレ値)

定価:15,400円(税込)
俺的プレ値(転売予想価格)
〜20,000円
ひとくちメモ:日本限定でリリースされたモデルの復刻ということもあり、少し色を付けた予想としています。懸念点としては「この奇抜なデザインが若者に刺さるのか」というところ。個人的には、日本人であれば買っておいて損のない一足だと思いますが、あとは個人の感性に委ねたいと思います。PS.大幅な利益は期待薄です…。
GOAT販売価格StockX販売価格

類似モデルの現在の価値

販売足数、販路、過去の傾向を踏まえた転売(プレ値)予想価格となっています。
自身の予想と照らし合わせて、購入の判断材料にしてください。

ナイキ エア プレスト レインボー 2021の転売プレ値予想”結果発表”

現時点での転売価格

結果予想外れ
転売価格〜定価
今後の価値
:エア プレスト弱し…。完売が多いSNKRSでもフルサイズ在庫が残っている状況は正直悲しくなってしまいます。日本限定カラーの復刻ということで「国内の足数が極端に多い」ということも影響しているとは思いますが、純粋に今の若い世代にこの「デザインとカラーがマッチしなかった」のだと私は思っています。もちろん、サイズ選択の難しさが生む面倒さなどのその他要素も若干あるかな。まとめると…今の売れ行きであれば『寝かせても無意味』こんな感じですね。

SNKRS在庫状況
ヤフオク / ラクマ / メルカリ / モノカブ / スニダン
国内オークション、フリマサイト参照

現時点での転売相場(プレ値)は、上記価格となっています。
日々転売相場(プレ値)は変動しますが、上記URLを転売時の価格設定にお役立てください。

また、自身が持っているスニーカーの価値の目安にしてください。

当ブログの転売価格(プレ値)予想の戦績は、380勝221敗となっています。

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。