ナイキスニーカーの『偽物を買わない!売らない!』ために必ず見てほしい記事

はじめに…

商品が偽物か本物かという真贋鑑定絡みの問題については転売をする上で常に付きまとってくる重要な問題です。

特にナイキ(Nike)は、他のスポーツブランドと比べるとフェイク品の流通が極めて多く、販売前にも関わらず中国製のフェイク品を中心にリセールマーケットを賑わせています。

そこで今回は、『偽物を買わない!売らない!』をテーマに、ナイキ製品の真贋鑑定についての情報を私が知る限りの知識を元にまとめていきたいと思います。

購入する側転売する側が少しでも安心できるようになればと思っているので、最後までご覧いただけると嬉しい限りです!!

なお、情報の更新があればこちらの記事を随時更新していきたいと思いますので、転売をするタイミングで再度最新情報の確認をお願いします!!

⬆️クリックでスニダンへ移動⬆️

ナイキの真贋鑑定に関する考え

ナイキ公式オンラインショッピングサイト”Nike.com”を確認してみると『偽造されたNIKE製品を購入しないようにするには?』というタイトルの記事を確認することができます。

内容を抜粋すると…

最近のフェイク品は技術向上の影響で見極めるのは難しいです。そのため、Nike.com、Nike store(ナイキ原宿やファクトリーストアなどの正規店)、評判が良く信頼できる販売店(ATMOSやUNDEFEATEDなどのナイキと契約している正規代理店)で購入してください。なお、フェイク品の疑いがある商品を購入した場合(オークションなどのリセールマーケットでの購入を除く)は、流通や販売等、不正行為の防止にご協力いただくことができます。製品名、購入した場所や店舗名またはWebサイトのアドレスなどの情報をこちらへメールで連絡してください。

上記内容となっています。

ということは…

ナイキが直接シューズを卸しているお店で購入した製品は正規品
それ以外で購入した製品は真贋鑑定不可

ということになります。

また、ナイキ公式のTwitterでも公式がこのように回答しています。

ナイキカスタマーサービスへ同様の内容を問いかけても同じ回答をされてしまいます。

小売店(正規代理店)を中心に、数えきれないほどのシューズやウエアを国内にて展開しているナイキなので仕方ないことなのかもしれませんが、消費者としては

足数をあえて絞ってるから転売品を買ってるんだぞ!
勝手に手広く販路を広げたくせに卑怯だ!
消費者あってのナイキだろ!責任を取れ!

などなど不満を抱いてもこれまた仕方のないことだと思います。

しかし、公式と我々ユーザーとの間でこの話題を議論するのは時間の無駄です。
納得する回答は絶対に得られず、単純にナイキという会社が…そして大好きなナイキ製品までも嫌いになりかねない可能性がありますので、自己防衛するこれに尽きます。

次の項目で自己防衛のために我々ユーザーができることをまとめて紹介していきたいと思います。

⬆️画像をクリックでダウンロード⬆️

ナイキスニーカーのフェイク品(偽物)を撃退する5つの方法

この項目では、考えられるフェイク品撃退方法を5つ紹介していきます。

細かく紹介するのであればまだまだ方法はあるかもしれませんが、誰でも簡単に行えるという点にフォーカスしてまとめましたので、特に初心者の方は最後まで確認してほしいと思います。

正規店の理解度を深める

この項目では、定価(メーカー希望小売価格)で購入できる正規代理店を一覧で紹介していきます。

掲載されているお店で購入すれば、100%正規品となりますので、参考にしてください。

また、正規代理店であることが確認出来次第随時内容を更新しますので、最新情報の確認を都度お願いします。

なお、「○○は正規店ですか?」などの質問があればコメントやTwitterにてお寄せください。

可能な限り調査し、掲載させていただきます。

正規代理店一覧

ATMOS(アトモス)、UNDEFEATED(アンディフィーテッド)、UNION(ユニオン)、ABCマート、BILLY’S(ビリーズ)、山男フットギア、ミタスニーカーズ、BEAMS(ビームス)、TOKYO 23、GR8(グレイト)、A+S、ゼビオ、スポーツオーソリティー、KAMO(カモ)、SNS(スニーカーズエンスタッフ)、アルペン、GALLERY 2(ギャラリー2)、ZOZOTOWNナイキショップ(ゾゾタウンナイキショップ)、GDOゴルフショップ、有賀園、ヴィクトリアゴルフ、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、SWS(スポーツウェブショッパーズ)、インスタント、ジャックオーシャン、STORMY(ストーミー)、FTC、カリフォルニアストリート、MORTAR.TOKYO(モータル東京)、アーリーウープ、ムラサキスポーツ、スポタカ、ブルックリンプロジェクト、GOODHOOD、END、SVD、GOODHOOD、アップタウンデラックス、DAYZ(デイズ)、ES(エス)、H BEAUTY&YOUTH(エイチ ビューティアンドユース)、ユナイテッドアローズ、MA5、DSMG(ドーバーストリートマーケット銀座)、BAIT(ベイト)、CALIF(カリフ)、その他コラボ先の正規店 & WEBショップ

海外正規店の調査は激ムズですが可能な限り行います
国内新規正規代理店は断っているようで余程なことがない限り増えないと思います

✨上記リンクをご活用ください✨

Nike.com(ナイキオンライン)の納品書がなくなった件について

2020年11月1日より実施されたNike.comの返品制度の改正に伴ってNike.comで購入した商品に納品書が付属されなくなりました。

それに伴って、Nike.comで購入した商品を転売する際に納品書を付属することができなくなりました。

名目は『環境に与える影響を削減する取り組みを行っているため』となっていますが、これは建前で”転売を少しでも抑止する”これが本筋だと思われます。

この事態は何を引き起こすのか…

Nike.com(ナイキオンライン)で購入したシューズであることが証明できない

これは由々しき事実で、これまで個人情報部分を切り取って転売成立時に同梱して発送していた”アレ”が行えなくなります。

では、どのように対策をするべきなのでしょうか…。

✔️個人情報にモザイクをかけた購入履歴のスクショを送る

おそらくこれ以外の方法はないと思います。

注文番号を教えてしまう方も多いと思うのですが、教えた相手がその番号を元にナイキカスタマーサービスへお問い合わせしてしまった場合、電話した方が関係性などを正直に話してしまう…すなわちあなたがナイキ側に転売ヤーであることが伝わってしまいます。

もちろん、住所などの個人情報も流出してしまうので、絶対にやめてください。

ここまで読んだ方は、「いや、スクショもネットでいくらでも手に入るでしょ!」と思ったでしょう。

これを改善するのは購入直後であれば簡単で…

現在Nike.comにて販売中の商品をサイズを含め相手に指定してもらい購入しキャンセル
⬇️
注文履歴に反映されたキャンセル品と出品商品が一緒に表示されている画面をスクショ
⬇️
そのスクショを証拠として相手に送る

自身にとっても相手にとっても少し面倒な作業となりますが、確実にNike.comで購入したことが証明できる方法なので、雑費をかけたくない方にとっては有効な手段となります。

次の項目でお金はかかりますが、相手に手間と不安を与えない方法を紹介しますので、自身に合った正規品証明方法で転売ライフをお楽しみください。

フェイクバスターズを活用して正規品であることを証明する

国内最大級のスニーカー情報 & リセールサイトスニーカーダンクや国内オークションサイト大手ラクマが提携している東京に拠点を構えるスニーカー鑑定業者が”フェイクバスターズ(FAKE BUSTERS)”です。

ナイキのスニーカーを中心に、これまで約200,000足ものスニーカーの真贋鑑定を実施しています。

鑑定方法も2種類存在していて、

画像のみで鑑定する『クイック鑑定
実際に商品を送り鑑定する『コンプリート鑑定

個々の環境に合わせた方法を選択できるのが最大の強みとなっています。

各鑑定の詳細は”フェイクバスターズ(FAKE BUSTERS)”にて分かりやすく解説してくれているので、省きますが、簡単に説明すると…

クイック鑑定

価格:500〜1,650円(ナイキは550円)
所要時間:48時間以内
必要な情報:モデル名 / 商品名 / 品番 / 状態 / 購入元
必要な画像:指定されている全12枚の画像

鑑定証明書:なし(マイページからWEB確認は可能)

コンプリート鑑定

価格:2,000〜3,300円(ナイキは3,300円)
※往復の送料お客様負担
所要時間:発送元の地域により異なる
必要な情報:モデル名 / 商品名 / 品番 / 状態 / 購入元

鑑定証明書:あり

ざっとこんな感じです。

注意点としては、クイック鑑定の場合に自身で粘着されているインソールを剥がす必要があるため、テクニックが必要なくらいでしょうか。

転売実施前に自身で鑑定を済ませておくことで、今まで以上に円滑な取引が行えると思うので、必要経費と割り切れる方であれば実施しない手はない方法だと思います。

なお、スニーカーダンクスニーカーダンクにて”フェイクバスターズ(FAKE BUSTERS)”を用い鑑定、ラクマは怪しいと判断した場合に評価前に運営にお問い合わせすることで条件はありますが、ラクマ負担(ラクマあんしん補償)で”フェイクバスターズ(FAKE BUSTERS)”の鑑定費用を保証してくれます。もちろん、評価前なので、フェイク品と判断された場合も返金されます。

⬆️クリックでスニダンへ移動⬆️

信頼度の高いリセールマーケットを利用する

特に購入する側になる場合に注意が必要なのが”どのリセールマーケットを利用するか”です。

そのためには、知名度が高く利用者が多く取引実績が多い販売元を吟味する必要があります。

下記にて個人的な意見も多く込められてはいますが、私がオススメするリセールマーケットを6つ紹介したいと思います。

もちろん、利用は自己判断となりますので、ご理解のほどお願いします。

モノカブ

メルカリ取締役の濱田優貴氏を兄に持つ濱田 航平氏が運営しているリセールショップ。最近では直接持ち込みが可能な店舗を原宿にオープンするなど利便性を強化している。また、スニーカーショップで長い間経験を積んだスタッフを引き抜くなど独自の鑑定力も非常に高い。

➡️モノカブへ移動⬅️

スニーカーダンク

メンズフリマboloの立ち上げや株式会社ミクシィで仕事をしていた経験を持っている内山雄太氏が運営しているスニーカーフリマサイト。売り手と買い手の間の仲介に入り鑑定するという手法をメジャーにした。鑑定や補償内容も充実していて、国内NO.1の取引実績を誇っている。

➡️スニーカーダンクへ移動⬅️

GOAT

海外で知名度の高いスニーカー、アパレル、アクセサリーのリセールショップ。世界の高級ブティックや小売店、信頼できる再販業者から商品を調達し、正規品のみを販売してる。すべての商品は、機械学習テクノロジーと手持ちの検証を組み合わせて鑑定。クオリティーを維持するために、データの収集と厳格なトレーニングを実施し、ラベルからステッチ、テクスチャからカラーなど、あらゆるものを検査している。万が一商品が本物ではない、説明どおりでないこと場合は、注文の全額を返金してくれる。

➡️GOATへ移動⬅️

StockX

海外版のモノカブ、スニーカーダンク。価格設定から真贋鑑定、アフターケアまで充実したサービスを提供。世界的に見ると最も多くのユーザーが使用しているサイトなのかもしれない。また、FAQも非常に充実しているので、不明点をクリアにした状態で利用できるというのが強みとなっている。

➡️StockXへ移動⬅️

SKIT

2001年3月に雑居ビルの3FでスタートしたスニーカーショップSKIT。立ち上げ当初は約10足程度の在庫だったが、スニーカーの委託販売、買取、シュリンクフィルムでスニーカーを梱包するスタイルなど独自の手法を世界中に広め今に至る。国内でファンが多いショップではないだろうか。

➡️SKITへ移動⬅️

WORM TOKYO

「店頭買取」、「宅配買取」、「出張買取」など様々なサービスを展開。商品がどのような状態でも基本買い取ってくれるのが強みでもあり、普段見かけないデットストック品を見つけることも強みとなっている。メディアなどでも多数紹介されていて、有名人の利用も多い。

➡️WORM TOKYOへ移動⬅️

⬆️画像をクリックでダウンロード⬆️

オークションを利用する場合

個人的にオークションやフリマサイトなどの基本直接的な取引を行う必要のある媒体の利用はお勧めしません。

しかし、自分のタイミングで家にいながらやりとりができるオークションやフリマサイトは魅力的でもあります。

そこで、オークションやフリマサイトを利用する上で気をつけるべきことを「売り手」と「買い手」別にまとめましたので、利用する際の参考にしてください。

売り手が気をつけるべきこと

✔️購入元を証明する
✔️プロフィールページを充実させる
✔️可能な限り納品書を付属する
✔️個人情報が流出する危険性がある情報は漏らさない
✔️真贋鑑定を可能な限り実施する
✔️同じ媒体を極力利用し評価を上げる
✔️相手に合わせた対応で高評価を得る
✔️実物画像を豊富に撮影し掲載
✔️説明欄の情報を豊富にする
✔️#を利用し検索しやすくする
✔️梱包は丁寧に行う
✔️発送は支払い後可能な限り早めに行う
✔️適正な価格で出品する
✔️ノークレームノーリターンと記載するのはNG

買い手が気をつけること

✔️購入元を確認
✔️納品書や鑑定証明書を付属してもらう
✔️適正価格に近い出品者から購入する
✔️評価が高い相手から購入する
✔️取引実績が多い方から購入する
✔️画像が豊富に掲載されている方から購入する
✔️無理な値下げは行わない
✔️送料込みの出品から購入する
✔️プロフィールが充実している方から購入する
✔️実物の画像を掲載している方から購入する
✔️ノークレームノーリターンと掲載されている方からの購入は控える

簡易的ではありますが、こんな感じでございます。

最後にもう一度だけお伝えします。

個人売買はトラブルを考えると私はオススメできません…。

最後に…

最後

いかがでしたでしょうか。

私自身の経験を踏まえた内容となっているので、「違うじゃないかー!」という意見もあると思いますが、転売を行う上で必要不可欠な”フェイク品の見極め”の参考にしていただけると嬉しいです。

なお、本記事は都度更新していきたいと思っているので”適時チェック”のほどお願いいたします!!

 
✨上記リンクから掘り出し物を見つけよう✨
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。