【4月9日(金)販売予定】ナイキ SB ダンク LOW PRO ACG

ナイキ SB ダンク LOW PRO ACGの基本情報

ナイキ SB ダンク LOW PRO ACGの基本情報

商品名:ナイキ SB ダンク LOW PRO ACG

スタイル:DD1872-100

カラー:セラドン(Celadon) / コースト(Coast) – コンコルド(Concorde) – ブラック(Black)

販売日:2021年4月9日(金)国内販売予定

SNKRS販売方法先着抽選販売

販売予定サイズ:23〜30cm

定価:12,100円(税込)

販売情報

SNKRS
→4/9 9:00 先着抽選販売

END
→4/3まで参加可能なWEB抽選販売

SVD
→4/7まで参加可能なAPPによる抽選販売

インスタント
→4/2まで参加可能なWEB抽選販売

STORMY
→4/2〜4/8まで参加可能な店頭抽選販売(ドレスコードあり)

charlie
→4/2〜4/6まで参加可能な店頭抽選販売(ドレスコードあり)

アーリーウープ
→4/3 9:00〜4/9 8:00まで参加可能なWEB抽選販売

スポタカ
→4/4〜4/5 23:59まで参加可能なWEB抽選販売(クイズあり)

ジャックオーシャン
→4/5~4/6 18:00まで参加可能なWEB抽選販売

MORTAR.TOKYO
→4/6 12:00〜4/6 15:00まで参加可能なWEB抽選販売

LATITUDE
→4/7 9:00〜13:00まで参加可能なWEB抽選販売

HIGH SOX
→4/6〜4/10まで参加可能なハガキによる抽選販売(自身のインスタに動画UPすることが条件)

SOMEHOW’s AND APOLLO2
→4/6 12:20〜13:50まで参加可能なWEB抽選販売(沖縄県内在住者のみ参加可能)

ブルックリンプロジェクト
→4/8 12:30〜インスタDM抽選(秘密の質問あり※先着100名による抽選)

Lacquer
→4/8 18:00まで参加可能なメールによる抽選販売

HOME BASE
→4/8 9:00〜12:00まで参加可能なインスタグラムのDMによる抽選販売(受け取りは店頭のみ)

Jobless
→4/8 9:00〜10:00まで参加可能なメールによる抽選販売(長崎県在住者のみ参加 / クイズあり)

ナイキ SB ダンク LOW PRO ACGのレビュー

ナイキ ダンクとは

1985年にバスケットボールシューズとしてデビュー
1998年に初復刻(日本企画のCO.JP 通称裏ダンク販売)

特徴

アッパー:柔らかいレザーを使用した快適性とそのレザーを重ねた耐久性を兼ね備えた元バッシュらしい機能性重視のアッパー。

ミッドソール:適度な厚さのフラットに近いミッドソールがクッション性と安定性を提供。ステッチ入りのクラシックな見た目も印象的。

アウトソール:ピボットパターンを中心に刻まれた無数の溝が高いグリップ力と柔軟性を提供。

通常版とSB版のダンクの違い

SBと名の付くダンクは

シュータンが厚く(薄手もあり※詳細は事項参照)ゴム付き
シューレースが厚手で丈夫
付属のシューレースあり
ズームエア内蔵
インナーカートン(シューズボックス)が特別仕様

上記通常版とは異なるスケボー仕様となっています。一般ユーザーからすると履き心地やサイズ感が異なるので、その点に気をつけましょう。

PROとBモデルとは

商品名にBと付くモデル:薄いシュータン(Bがないものは厚いシュータン)
商品名にPROと付くモデル:シュータンにゴムが配置(一部例外あり)

ちょっと一息

ACGとは、All Conditions Gear(オールコンディションギア)の略であらゆる状況に対応する商品であることを表しています。本作はあくまでACG風のカラーパターンだけを採用した形となっていますが、覚えておいて損のない用語となっているのでこちらにて詳細を確認してみてください。

サイズ感

通常版のダンクと比べシュータンの厚さとゴムの影響で若干タイト目です。足の甲が高い方は注意してください。しかし、多くのユーザーは普段使用のナイキシューズを同じでも問題ないと感じているようなので、神経質になる必要はないと個人的には思っています。なお、他社シューズと比較するとタイト目です。他社シューズから移行される方は、0.5cmサイズUPを目安にサイズ選択することをオススメします。

本作ならではの特徴:

①、SB仕様のダンク

②、ACG風のアウトドアカラー

③、スペックル(斑点模様)が配されたミッドソール

まとめると…

SBとACGと名の付くダンクは卑怯!
海外オンリーのリリースならプレミア感底上げ〜

レア度:⭐️⭐️⭐️⭐️

優れたトラクションと耐久性によってスケートボーダーの間で定番化したのち、ダンクはスポーツを超えた伝説的なスタイルとして確立した。今回登場するバージョンでは、1985年の誕生以来不変の特徴的なデザインラインを継承しながらも、スケートボード固有のニーズに対応するべくデザインを改良。ヒールに内蔵されたZoom Airユニットが滑らかな着地をサポートし、円形のトレッドが多方向へのグリップを発揮する。

Nike SNKRSより引用

情報のアップデートが確認出来次第、本ページを随時更新します

➡️最新情報はTwitterでも随時発信しています⬅️

ナイキ SB ダンク LOW PRO ACGの予想転売価格(プレ値予想)

予想転売価格(プレ値)

定価:12,100円(税込)
俺的プレ値(転売予想価格)
〜30,000円
ひとくちメモ:現時点で海外のみのリリース予定となっているので、若干高めの予想とさせていただいています。国内でリリースが決まれば〜25,000円くらいのプレ値で取引されるでしょう。カラーパターンを見る限り前作以上のインパクトはないと個人的に感じています。
GOAT販売価格
/ StockX販売価格

類似モデルの現在の価値

販売足数、販路、過去の傾向を踏まえた転売(プレ値)予想価格となっています。
自身の予想と照らし合わせて、購入の判断材料にしてください。

ナイキ SB ダンク LOW PRO ACGの転売プレ値予想”結果発表”

現時点での転売価格

結果予想的中
転売価格25,000〜27,000円
今後の価値
:初動はセカンドカラーということもあり、予想通りの控えめな結果となっています。ファストカラーと比較するとカラーパターンのインパクトに欠ける本作ではありますが、ファストカラーに近い転売プレ値の推移を見せてくれると思います。〜3ヶ月で約35,000〜40,000円前後を目安に寝かせてみてください(定期的にプレ値推移を確認しましょう)。

SNKRS在庫状況
ヤフオク / ラクマ / メルカリ / モノカブスニダン
国内オークション、フリマサイト参照

現時点でも転売相場(プレ値)は、上記価格となっています。
日々転売相場(プレ値)は変動しますが、上記URLを転売時の価格設定にお役立てください。

また、自身が持っているスニーカーの価値の目安にしてください。

当ブログの転売価格(プレ値)予想の戦績は、405勝232敗となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。