【2月11日(木)販売予定】ナイキ ACG マウンテン フライ LOW【DA5424-001 / DA5424-200】

ナイキ ACG マウンテン フライ LOWの基本情報

ナイキ ACG マウンテン フライ LOWの基本情報

✔️商品名:ナイキ ACG マウンテン フライ LOW

✔️スタイル:DA5424-001 / DA5424-200

✔️販売日:2021年2月11日(木)販売予定

✔️SNKRS販売方法: 先着抽選販売

✔️販売予定サイズ:23〜30cm

✔️定価:22,000円(税込)

販売情報

SNKRS(DA5424-001)
→2/11 9:00より先着抽選販売

SNKRS(DA5424-200)
→2/11 9:00より先着抽選販売

ATMOS
→2/11 9:00より販売

ナイキ ACG マウンテン フライ LOWのレビュー

ナイキ(Nike)のアウトドアレーベルのエーシージー(ACG)。登山やキャンプなど気候や環境の変化が激しいアウトドアに必要な要素が詰まっているシューズをこれまでに数多くリリースしてきました。今回2021年2月11日(木)にリリースが予定されている”ナイキ ACG マウンテン フライ LOW”は、足への負荷を軽減してくれる軽量なアッパーと暗闇でも視認できるリフレクティブ素材のつま先、ヒールとシューレース、クッション性、耐久性、反発性、軽量性を高い水準で提供してくれるリアクト素材のミッソール、そのミッドソールに挟まれる形で内蔵されているカーボンプレート、粘着質で激しい凹凸が設けられているアウトソールなど、アウトドアを快適に機能的に行える工夫が随所に施されています。特にリアクト素材のミッドソールはこれまでのアウトドアシューズでは感じることのできないクッション性と適度な反発性を感じることが可能となっているので、これまでのアウトドアシューズでは満足できていなかった方にとって必見の一足となっています。

ハイカットの前モデルが残した足跡をたどりながら、ローカットの頑丈なシルエットで、岩ばったトレイルだけでなくストリートでも快適な履き心地。このデザインに採用された軽量なアッパーは、外出先でカスタマイズできる便利なゲートル付き。粘着性のラバーアウトソールには、険しい岩山を想定したトラクションを配置。仕上げに分厚いReactフォームとVaporflyテクノロジーを組み合わせて、あらゆる状況下で驚くべき快適さを発揮する。

Nike SNKRSより引用

情報のアップデートが確認出来次第、本ページを随時更新します

➡️最新情報はTwitterでも随時発信しています⬅️

ナイキ ACG マウンテン フライ LOWの予想転売価格(プレ値予想)

予想転売価格(プレ値)

定価:22,000円(税込)
俺的プレ値(転売予想価格):
〜定価

ひとくちメモ:カラー、デザイン、そしてリアクト搭載のミッドソールは魅力的。しかし、定価が高過ぎる。GORE-TEX使用であればワンチャンありそうではありますが、現時点では転売目的で購入するのはリスクが高いと思います。寝かせれば可能性はあり…?
GOAT販売価格StockX販売価格

類似モデルの現在の価値

販売足数、販路、過去の傾向を踏まえた転売(プレ値)予想価格となっています。
自身の予想と照らし合わせて、購入の判断材料にしてください。

ナイキ ACG マウンテン フライ LOWの転売プレ値予想”結果発表”

現時点での転売価格

結果:予想的中
転売価格:〜定価
今後の価値:寝かせてもプレ値で転売できるようになることはないでしょう。ACGらしい高いデザイン性と機能性は評価できますが、ACGに対しての需要が下がっている今、このモデルに日の目が出る可能性は0に等しいと思います。個人的にはGORE-TEX搭載でプレ値になるか悩むレベルです。また、ACGは復刻系が強いので、NEWモデルは苦戦する常となってます。

SNKRSの在庫状況(DA5424-001) / SNKRS在庫状況(DA5424-200)
ヤフオク / ラクマ / メルカリ / モノカブ
国内オークション、フリマサイト参照

現時点でも転売相場(プレ値)は、上記価格となっています。
日々転売相場(プレ値)は変動しますが、上記URLを転売時の価格設定にお役立てください。

また、自身が持っているスニーカーの価値の目安にしてください。

当ブログの転売価格(プレ値)予想の戦績は、340勝198敗となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。