【1月28日(木)販売予定】ナイキ フォンタンカ エッジ Light Arctic Pink【CU1450-500】

ナイキ フォンタンカ エッジ Light Arctic Pinkの基本情報

ナイキ フォンタンカ エッジ Light Arctic Pinkの基本情報

✔️商品名:ナイキ フォンタンカ エッジ Light Arctic Pink

✔️スタイル:CT8019-070

✔️販売日:2021年1月28日(木)販売予定

✔️SNKRS販売方法: 先着抽選販売

✔️販売予定サイズ:22〜29cm

✔️定価:17,050円(税込)

販売情報

SNKRS
→1/28 9:00より先着抽選販売

ナイキ フォンタンカ エッジ Light Arctic Pinkのレビュー

ナイキ(Nike)が2021年を迎えてお送りするウィメンズNEWモデル”ナイキ フォンタンカ エッジ Light Arctic Pink”。トランスルーセント、メッシュ、TPUと複数の素材を使用したハイブリットでシャープなアッパーと最速ランニングシューズなどに用いられるズーム X素材を使用した厚手のミッドソールは、トップレベルのスピードで行われる陸上競技をイメージ。また、鮮やかなデザインは、ロシアサンクトペテルブルクのレイブカルチャー(若者が勝手に集まり勝手に踊る)からインスピレーションを得ています。多くの女性が求めているデザイン性と機能性の融合を実現した”ナイキ フォンタンカ エッジ Light Arctic Pink”のリリースは2021年1月28日(木)を予定しています。メンズ使用可能サイズの29cmまで展開が予定されているので、女性のみならず男性も自身のファッションや好みと照らし合わせて、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ナイキ フォンタンカ エッジを履いて、自分を縛るルールから抜け出し、新次元の快適性とスタイルに身を任せよう。ハイペースなトラック競技をイメージしたシルエットに、鮮やかなカラーの継ぎ目のないスキン、メッシュ、TPUアクセントを採用。ファッションとスポーツの世界を融合させ、サンクトペテルブルクのレイブカルチャーを表現している。また、高さのあるソールがユニークでフェミニンな印象をプラスし、継ぎ目のない履き口が柔らかく足にフィット。さらに、ヒールに内蔵された抜群に柔らかいZoomXフォームのケースが90年代風のスタイルを演出する。

Nike SNKRSより引用

情報のアップデートが確認出来次第、本ページを随時更新します

➡️最新情報はTwitterでも随時発信しています⬅️

ナイキ フォンタンカ エッジ Light Arctic Pinkの予想転売価格(プレ値予想)

予想転売価格(プレ値)

定価:17,050円(税込)
俺的プレ値(転売予想価格):
〜定価

ひとくちメモ:ウィメンズNEWモデルのフォンタンカ。近未来的なデザインと鮮やかなカラーパターンは高評価で、ジーっと見てしまう魅力的なシューズではあるのですが、このカラーとデザインでプレ値になることはないでしょう。一応メンズ使用可能サイズの展開もありますが、男性が自身のために購入するのか?と言われれば疑問です。あくまで、ナイキのNEWモデルとしての注目度はあると思いますが、それとプレ値で転売できるかは別。過度な期待はせず、まずは様子見でOKだと思います。
GOAT販売価格StockX販売価格

販売足数、販路、過去の傾向を踏まえた転売(プレ値)予想価格となっています。
自身の予想と照らし合わせて、購入の判断材料にしてください。

ナイキ フォンタンカ エッジ Light Arctic Pinkの転売価格(プレ値)〜予想結果発表

現時点での転売価格

結果:予想的中
転売価格:〜定価
今後の価値:ナイキ期待の新作…では無いですね。コラボモデルや特別なカラーパターンのモデルがリリースされ無い限りフォンタンカが浮上することは無いでしょう。

SNKRS在庫状況
ヤフオク / ラクマ / メルカリ / モノカブ
国内オークション、フリマサイト参照

現時点でも転売相場(プレ値)は、上記価格となっています。
日々転売相場(プレ値)は変動しますが、上記URLを転売時の価格設定にお役立てください。

また、自身が持っているスニーカーの価値の目安にしてください。

当ブログの転売価格(プレ値)予想の戦績は、328勝191敗となっています。

1件のコメント

Throughout the great scheme of things you actually get an A+ just for effort. Where you lost me personally was in your particulars. As as the maxim goes, details make or break the argument.. And that couldn’t be more correct at this point. Having said that, let me reveal to you what exactly did do the job. The article (parts of it) is certainly rather persuasive which is probably the reason why I am taking an effort in order to opine. I do not really make it a regular habit of doing that. Secondly, while I can see a leaps in logic you come up with, I am not really convinced of how you appear to connect your points which in turn make your final result. For right now I shall subscribe to your issue however trust in the near future you connect the facts much better.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。