【リーク情報】ナイキ × レディメイド ブレーザー MID【CZ3589-001】

ナイキ × レディメイド ブレーザー MIDの基本情報

ナイキ × レディメイド ブレーザー MIDの基本情報

✔️商品名:ナイキ × レディメイド ブレーザー MID

✔️スタイル:CZ3589-001

✔️販売日:2020年販売予定

✔️SNKRS販売方法:TBD

✔️販売予定サイズ:TBD

✔️定価:160ドル

販売情報

現時点で公式情報なし

ナイキ × レディメイド ブレーザー MIDのレビュー

今回ナイキ(Nike)がコラボレーションするブランドは、細川雄太氏が手掛けるレディメイド(READYMADE)。リメイクを得意とするブランドでアメリカから人気に火が付き、その後グレイト(GR8)やユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)、リステア(RESTIR)などとのコラボを一掛けに日本でも地位を確立してきました。そんなレディメイド(READYMADE)が選んだモデルは、1977年にバスケットボールシューズのとして登場したブレーザー MID(BLAZER MID)。ブラック、ホワイト、オレンジ、ボルト、カモ柄と多色を用いた一足は、独特な細くせり上がったスウッシュマーク、泡のようなバブリーミッドソール、リサイクル風のスペックルアウトソールなど話せばキリの無いほどのこだわりがシューズの各パーツに施されています。現時点で国内販売予定は確認できていませんが、日本初のブランドということもあり販売は確実と思って良いのかなと感じます。足数にも期待できそうです。引き続き”ナイキ × レディメイド ブレーザー MID”の最新情報アップデートを追いかけましょう!!

情報のアップデートが確認出来次第、本ページを随時更新します

➡️最新情報はTwitterでも随時発信しています⬅️

ナイキ × レディメイド ブレーザー MIDの予想転売価格(プレ値予想)

予想転売価格(プレ値)

定価:160ドル
俺的プレ値(転売予想価格):販売情報が確定後公開予定
ひとくちメモ:個人的に今までのブレーザー MIDで一番好き。SacaiとOff Whiteを超えてると思う。確実利益は生むのでその点心配無用。
GOAT販売価格StockX販売価格

販売足数、販路、過去の傾向を踏まえた転売(プレ値)予想価格となっています。
自身の予想と照らし合わせて、購入の判断材料にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。